鍵や管理人も確認


監視カメラやオートロックなど以外にも、セキュリティというのは重要になります。例えば鍵ですが、シェアハウスであっても各部屋には鍵が取り付けられているのが一般的です。鍵にもいろいろな種類があるのですが、シンプルなカギでは実際に鍵がなくても開けられてしまう可能性があるでしょう。しかし、複雑なカギになっていれば、きちんとした鍵がなければまず素人に開けられることはありません。

通常は鍵穴に鍵を差し込んで回すタイプが採用されていますが、現在では他の種類も存在しています。それは現在シェアハウスで多くなっているダイヤル式のカギです。正しいナンバーを入力することによって鍵が開くようになっています。最近はカード式の鍵も増えていますが、シェアハウスではあまり採用されてはいません。カードタイプの鍵はオートロック式になっているのが一般的です

鍵以外にも、シェアハウスに入居する場合には、管理人についても知っておかないといけません。女性が入居する場合には、管理人も女性の方がよいという人も多いのですが、万が一何かあったときのために、男性の管理人の方がよいという人もいるのです。大きなシェアハウスであれば、管理人が常駐しているところも多いでしょうが、中小規模のところは、常に管理人がいるとは限りません。

玄関のセキュリティ


いくらいろいろな人が生活しており、管理人がいるからと言って、セキュリティに不安があるようなシェアハウスは借りるべきではありません。特に女性はセキュリティ面を重要視して物件を選ぶべきでしょう。今回は玄関のセキュリティについて見ていきたいと思います。玄関のセキュリティとして定番となっているのは、オートロックや監視カメラでしょう。オートロックは一般的な賃貸住宅でも多く導入されています。

セキュリティ対策なぜなら住人や管理人、もしくはこの両者が入ってもよいと認識した人でなければ中に入ることができないからです。住人や管理人以外で、自分の知らない人が訪ねてくれば、すぐに通報することができるでしょう。監視カメラは建物への出入りや、怪しい人物を特定するのに重要なセキュリティ対策です。しかし、監視カメラに関しては問題もあります。

なぜなら住んでいる住人も監視カメラには映るため、常に監視されている状態になるからです。インターフォンはどこでもありますが、古いとモニターが付いていないことがあります。のぞき窓では外が暗いとよく見えないので、やはりモニターが取り付けられている方が安心できるでしょう。このように玄関だけでもいろいろなセキュリティ対策があるので、きちんと導入されているのを確かめてから借りないといけません。

最初に見学をする


シェアハウスを利用する場合でも、一般的な賃貸住宅を契約する場合と同じように、まずは物件を見ておくことが大切です。しかし、引っ越しというのはそれほど頻繁に行うことは少ないので、わからない点も多いでしょう。不動産屋によってはきちんと説明をしないこともよくあります。このように契約させることを優先させるような場合には、まず別の不動産屋を利用しないといけません。

安全きちんとした不動産屋でないと、女性の場合には入居するといろいろなトラブルに巻き込まれるケースもあるのです。あまりにも家賃が安いところも何か理由があると思ってよいでしょう。通常は家賃が安い理由を聞けばきちんと教えてくれますが、わかりやすく説明しない場合もあります。このようなときには見学をする前に断るべきでしょう。見学をするときにも注意するべきことがあります。

それは建物の作りだけではなく、周辺環境も見ておくことです。周りに保育園や幼稚園があると、昼間はかなりうるさくなりますし、工場などがあれば夜でも残業終わりの職人の声がすることや、昼間には機械音がすることもあるので、見学のときには周辺環境も見ておきましょう。シェアハウス自体の環境も重要視しなければいけないので、セキュリティ面管理体制なども確認してから入居しないといけません。

シェアハウスの注意点


現在では女性でも高校や大学を卒業したら就職するのが一般的です。都心部であれば会社が多くなっているので、自宅からでも通うことができるでしょう。しかし、地方に住んでいる場合には、必ずしも自宅から通える範囲内に就職先があるとは限りません。たとえあったとしても、現在は未経験者を採用しない会社が増えていることから、新卒採用を行っていないことも多いのです。そうなれば会社の多い都心部へ行って就職するしかありません。

シェアハウス自宅から通えないのであれば、寮生活をするようになるでしょうが、大手企業でなければ寮を完備していないことが多いので、中小企業に就職する場合には、家を借りるしかないでしょう。都心部は家賃が高くなっていますし、初任給はどんどん下がっているので、経費の節約のためにシェアハウスを利用する女性が多くなっているのです。しかし、シェアハウスは共同住宅なので、注意事項がいくつか存在しています。この注意事項をきちんと理解してからでなければいけません。

自分たちが注意することや、行わなくてはいけないこともありますし、管理者が行うべきこともあります。風呂やトイレなどは共同になっていることが多いですし、個別の部屋であっても実際には寮とあまり変わりはありません。そのため、共同生活をしているという認識をまずは持つようにしましょう。当サイトでは女性がシェアハウスを利用する場合の注意点や、入居する前に調べておくべきことなどを紹介させていただいています。