最初に見学をする


シェアハウスを利用する場合でも、一般的な賃貸住宅を契約する場合と同じように、まずは物件を見ておくことが大切です。しかし、引っ越しというのはそれほど頻繁に行うことは少ないので、わからない点も多いでしょう。不動産屋によってはきちんと説明をしないこともよくあります。このように契約させることを優先させるような場合には、まず別の不動産屋を利用しないといけません。

安全きちんとした不動産屋でないと、女性の場合には入居するといろいろなトラブルに巻き込まれるケースもあるのです。あまりにも家賃が安いところも何か理由があると思ってよいでしょう。通常は家賃が安い理由を聞けばきちんと教えてくれますが、わかりやすく説明しない場合もあります。このようなときには見学をする前に断るべきでしょう。見学をするときにも注意するべきことがあります。

それは建物の作りだけではなく、周辺環境も見ておくことです。周りに保育園や幼稚園があると、昼間はかなりうるさくなりますし、工場などがあれば夜でも残業終わりの職人の声がすることや、昼間には機械音がすることもあるので、見学のときには周辺環境も見ておきましょう。シェアハウス自体の環境も重要視しなければいけないので、セキュリティ面管理体制なども確認してから入居しないといけません。