鍵や管理人も確認


監視カメラやオートロックなど以外にも、セキュリティというのは重要になります。例えば鍵ですが、シェアハウスであっても各部屋には鍵が取り付けられているのが一般的です。鍵にもいろいろな種類があるのですが、シンプルなカギでは実際に鍵がなくても開けられてしまう可能性があるでしょう。しかし、複雑なカギになっていれば、きちんとした鍵がなければまず素人に開けられることはありません。

通常は鍵穴に鍵を差し込んで回すタイプが採用されていますが、現在では他の種類も存在しています。それは現在シェアハウスで多くなっているダイヤル式のカギです。正しいナンバーを入力することによって鍵が開くようになっています。最近はカード式の鍵も増えていますが、シェアハウスではあまり採用されてはいません。カードタイプの鍵はオートロック式になっているのが一般的です

鍵以外にも、シェアハウスに入居する場合には、管理人についても知っておかないといけません。女性が入居する場合には、管理人も女性の方がよいという人も多いのですが、万が一何かあったときのために、男性の管理人の方がよいという人もいるのです。大きなシェアハウスであれば、管理人が常駐しているところも多いでしょうが、中小規模のところは、常に管理人がいるとは限りません。